Googleアナリティクス

Googleアナリティクスの超基本事項【初心者必読!】

「Webサイトの改善をしたいけど、どうすればいいかわからない…」「アクセス解析をしてみたいけど、どのツールを使えばよいかわからない…」そんな方には「Googleアナリティクス」を導入することをおすすめします。これは、Googleの提供している、最も一般的で高機能なアクセス解析ツールです。今回はこの「Googleアナリティクス」について、初めての方にも分かりやすく紹介していきます!

Googleアナリティクスとは?

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供するアクセス解析ツールのことです。アクセス解析とは「サイトに利用者がどれくらい来ているのか」「どのような時間帯にサイトが閲覧されているのか」など、自身のサイトの利用についての客観的なデータを把握することを指します。これらのデータをうまく利用することで、自身のサイトの利用者の傾向をつかみ、サイトを良くするための改善点を見つけることができます。「Googleアナリティクス」はGoogleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用することができ、以下のような特徴があります。

・無料で使えて高機能!

 Googleアカウントを取得すれば誰でも無料で利用することができ、さらに高機能です。また、自身でカスタマイズを加えることで基本機能にプラスした情報を取得したり解析したりすることが可能です。

 
・サイトの状況がリアルタイムで把握できる!

 Googleアナリティクスの「リアルタイムレポート」という項目では、サイトやアプリで発生してるアクティビティをリアルタイムで確認することができます。「現在何人がサイトを利用しているのか」「どのページが閲覧されているのか」などをひと目で把握することができます。

具体的にどんな機能があるの?

Googleアナリティクスは無料アクセス解析ツールの中でも最も機能が多いと言われています。今回は5つの分類に従ってそれを簡単に紹介していきます。

[リアルタイム]

まさに今、あなたのサイトがどのように閲覧されているかを教えてくれます。

・何人のユーザーが訪問しているのか

・どのページを見ているのか

・どの端末(PC,スマートフォン、タブレットなど)から来ているのか

[ユーザー]

サイトにどんなユーザーが、どれだけ訪問したかを知ることができます。

・セッション数(サイトに何回の訪問があったか)

・直帰率(そのページだけを見てサイトを去った割合)

・平均セッション時間(一回の訪問でサイトに滞在する時間) 

[集客]

ユーザーがどこから来ているかがわかります。

・Organic Search(Google検索やYahoo検索などの検索エンジンから)

・Social(FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアから)

・Direct(参照元がよくわからないとき、アプリからの訪問はこれに含まれます)

[行動]

ユーザーのサイト内での行動がわかります。

・ユーザーが初めに来たページ(=ランディングページ)はどこか。

・行動フロー(どのページからどのページに行くことが多いのか)

[コンバージョン]

コンバージョンとは、ユーザーがそのサイトの最終的な成果に達することです。

・毎日どれくらいの人がコンバージョンしたか

・全体のセッションのうち、コンバージョンしたセッションの割合はどれくらいか(CVR)

などがわかります。

さあ、早速使ってみよう!

「Googleアナリティクス」は最も一般的に使われているツールであるため、はじめてアクセス解析を行うという人はとりあえず導入してみると良いでしょう。また、先ほど紹介した機能はほんの一部で、まだまだユーザに関する様々なデータを得ることができます。「え、あれで一部なの…?」「機能が多すぎてどのように具体的な対策を取ればよいのかわからない…」と思った人もいますよね。実際、Googleアナリティクスはその高機能さのゆえ効果的に活用するのに苦労する人も多いのです。前の記事でもっとシンプルにアクセス解析ができるツールを紹介したので、あわせてご覧ください。

アクセス解析ツール「AIアナリスト」を徹底解説!

このようなアクセス解析ツールも上手く活用しながら、より良いサイト運営に役立てていきましょう!

無料で高性能なGoogleアナリティクス!長所・短所は?

ウェブサイトに誰がいつどのくらい、そしてどのようにして訪れてくれたのか、といったアクセスデータを蓄積し、それを分かりやすく整理・表示してくれるアクセス解析ツールの中でも、業界シェアNo.1を誇るのが、「Googleアナリティクス」です。

ここでは、そのGoogleアナリティクスについて解説していきたいと思います。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、その名前から容易に想像がつくと思いますが、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

特筆すべきは、Googleアカウントを持っている人なら、誰でも無料で利用することが可能だということです。

今やかなりの数の大企業で使われており、上場企業の約64%がGoogleアナリティクスを導入しているという調査結果(2013年8月)もあります。

Googleアナリティクスって、どう導入すればいいの?

無料ならとりあえず導入してみたい、そう思った方のために、ここで、導入までの手順を簡単に説明しておきます。

まずはGoogleアナリティクスのトップページを開いて「お申込みはこちら」をクリックし、Googleアカウントでログインします。するとスタートガイドが表示されるので、あとはその指示に従っていれば大丈夫です。登録が完了したら、ウェブサイトへの訪問者のデータを取得するために必要なコードがその場で発行されるので、それを各ウェブページのHTMLに貼り付けたら、設定は完了です。

そこからアクセス解析のためのデータの取得が開始され、その翌日から、前日までの集計結果を見ることができます。このように手軽に導入できるところもメリットの一つです。

さらに詳しく、かつ分かりやすい説明がこちらのサイトでされていますので、参照してみてください。

Googleアナリティクスの最大の長所=無料・高性能

無料・手軽、と言うと、簡単な解析結果しか出ないのだろうと思っていたら大間違いです。もともと高価な解析ソフトとして提供されていたUrchin(アーチン)というものをグーグルが買収し、更に使いやすく進化させて提供しているものなので、非常に高性能であり、操作性にも優れています。

基本的なレポートが簡単に見られることは当然のことながら、カスタムレポート(Googleアナリティクスがあらかじめ提示してくれるデータ以外で自分が見たいデータをオリジナルで作るレポート)やセグメント(Googleアナリティクスがあらかじめ提示してくれるデータはそのままに自分が見たい部分のみ抽出または見たくない部分を除く機能)を使えば、かなり複雑な設定もできます。

中でも役立つのは、一つの表に必要情報が集められていることです。例えば「閲覧開始ページ」では閲覧開始数に直帰率が並び、多くの人を集めているが直帰率が高いといった問題が一目で分かります。

また、ウェブサイトを改善するには、施策を行って、施策前と後のデータを比較し、成果があったかどうかを確認することが必須ですが、Googleアナリティクスはそういった期間比較機能を簡単に使うことができます。もちろん細かく解析期間・比較期間を指定することも可能で、今週と先週の比較や前年同月比などもすぐに見ることができます。

他にも、サイト訪問者が特定のページに辿り着くまでの細かい経路を教えてくれたり、毎日の計測の中で突然閲覧ページ数が増えるなどの変化をお知らせしてくれたりと、他の無料ツールにはないような高機能が満載です。

そのようなわけで、アクセス解析などに特別お金をかけられないという企業の方から、とりあえず自分のサイトの計測データをみてみたいという個人の方まで、断然おすすめなのがGoogleアナリティクスというわけです。

サイトを運営しているのにまだ導入していないというあなたは、とりあえず入れておきましょう。

Googleアナリティクスに何か短所はないの?

Googleアナリティクスのメリットを多数紹介してきましたが、何か悪いところは無いのか、と気になる方もいるのではないでしょうか。

しかし、私が思うに、普通に使用している中で感じるデメリットは無いと思います。

ただ、高機能で様々な指標を確認できるがゆえに何をどう見ればいいのか分からない、たとえある程度データが読めても、その結果どうウェブサイトを改善すればいいのか分からない、といった問題も生じてくるかもしれません。

大量のデータの分析、課題の発見、改善策の提示、こうしたことを自分以外の誰かがやってくれたら楽なのに、そう思う人も多いと思います。

そんな悩みを解決するアクセス解析ツールはこちら

このようなツールは、そうした悩みをもつ人にとてもおすすめです。

〖参考文献〗

石井研二『新版 アクセス解析の教科書 ―費用対効果が見えるWebマーケティング入門』、翔泳社、2009

Googleアナリティクスを始めよう!~初期設定編~

Googleアナリティクスとは?【5分でわかる】でGoogleアナリティクスとは何なのか、なぜGoogleアナリティクスをおすすめするのかについて述べました。今回は当ブログの記事でGoogleアナリティクスを導入しようと思ってくださった方のために、Googleアナリティクスの導入、初期設定の方法を分かりやすく解説します。

ステップ1:Googleアカウントの取得

Googleアナリティクスの利用にはGoogleアカウントが必要です。既にGoogleアカウントをお持ちの方はそのまま既存のアカウントを使うこともできます。

1.Googleアナリティクスオフィシャルサイトへアクセスします。

2.既にアカウントをお持ちの方は「ログイン」を、アカウントをお持ちでない方は「アカウントを作成」をクリックします。

ステップ2:必要事項の入力

「お申し込み」をクリックします。

すると次のような画面が出てくるので、必要事項を入力します。

アカウント名

アカウント名とは、Googleアナリティクスの利用者を明示する名前です。好きな名前を入れましょう。

後々ややこしくならないように、どのサイトでGoogleアナリティクスを利用しているのか分かりやすい名前にしましょう。

ウェブサイト名

利用するウェブサイトのタイトルを入力します。

ウェブサイトのURL

利用するウェブサイトのURLを入力します。

業種

利用するウェブサイトの業種を選択してください。

レポートのタイムゾーン

日本を選択してください。

データ共有設定

ここは難しい言葉が並んでいて大変ですね。とりあえずチェックをつけておいて問題はないです。

ステップ3:トラッキングコードの設定

次にトラッキングコードと呼ばれるものの設定をします。ここまで来たら導入完了は目の前です!

トラッキングコードとは、ウェブサイトのアクセスデータを取得するためのプログラムで、これをウェブサイトにあらかじめ埋め込んでおくことで、Googleアナリティクスがデータを取得してくれるわけです。

利用規約に同意するとトラッキングコードが表示されますので、これを自身のウェブサイトのGoogleアナリティクスを利用したい全てのページにコピー&ペーストします。

貼り付ける場所は、</head>の直前がGoogleによって推奨されています。

お疲れ様でした!これで導入は終了です。

せっかくここまでやったので、一度ちゃんと導入されたか確認してみましょう!

導入成功しているか確認してみよう

Googleアナリティクスを開いて、左の「リアルタイム」の中の「サマリー」をクリックしてみてください。

するとこのような画面が表示されると思います。矢印が指している「現在」という数字は、今まさにあなたのウェブサイトを訪れている人の数です。別のウインドウであなたのウェブサイトを表示させてみてください。トラッキングコードがきちんと導入されていれば、ここの数字が1つ増えるはずです!

初期設定完了!お疲れ様でした!

Googleアナリティクスの導入が完了しましたね。これでとりあえずアクセス解析を始めることができました。これからGoogleアナリティクスを活用してあなたのウェブサイトをより良いものに改善していきましょう!こちらのブログでお役立ち情報を今後も紹介していくつもりなので、是非チェックしてくださいね!

Googleアナリティクスでコンバージョンを設定!!

 今回はGoogleアナリティクスにおけるコンバージョンの設定に関して書いていきたいと思います。アクセス解析の質をより高めるための大事なステップアップです。初心者の方にも分かりやすいよう一から説明していくので、気負わずにやっていきましょう!

コンバージョンって何だっけ?

 設定に関して学んでいく前に、そもそもコンバージョンとは何なのか、もう少し具体的におさらいしておきましょう。

 コンバージョンとは、「変換」「転換」などを意味する英単語です。サイト運用の分野では、サイトの閲覧者が、企業の望む行動を起こすことを言います。例えば、商品販売サイトであれば商品の購入数が、コミュニティサイトであれば会員登録者数が「企業の望む行動」にあたります。いわばウェブサイト運用におけるゴールのようなものです。

 Googleアナリティクスで目標を設定することで

コンバージョン数(CV数):コンバージョンを達成したセッション数

コンバージョンレート(CVR):コンバージョンを達成した割合

などを測定できるようになります。

 

なぜコンバージョンの設定が大事なのか

「そもそもなんでコンバージョンの設定なんてするの…?なんか面倒なんだけど…。」

 そんな風に思う方も、もしかしたらいるかもしれません。でもこの設定、今後ウェブサイトを改善していく上で非常に大事なステップなのです。それは何故か。一言で言えば、目標設定をしていないと、どこをどのように改善すればいいのかわからないからです。もっと具体的に言うと、目標設定の無いサイトでは以下のような事態が起こりえます。

・今月はウェブプロモーションを多数行ってみた。でも本当に効果はあったのだろうか…。この施策、今後も続けていいのかな?

・ウェブサイトのコンテンツを一新してみたけれど、コンテンツ変更前後で何が変わったのか分からない。制作コストに見合う成果は得られたのだろうか…。

・そもそもこのウェブサイトは自社の売り上げに貢献しているのか?

 せっかくアクセス解析をするのに、その後の施策が的はずれになってしまったら、なんだか勿体ないですよね。より確実に、より効率的に成果を上げていくためにも、正しい目標設定を行うことはとても大切なのです。

 

Googleアナリティクスで測定できるコンバージョン

 Googleアナリティクスで測定できるコンバージョンは大きく分けて4種類あります。それぞれの概要を見ていきましょう。

1.目標URL:

特定のページやスクリーンが読み込まれることによってコンバージョン達成

例:「ご注文を承りました」のページにアクセスした場合

2.訪問の滞在時間:

セッションが一定以上時間継続した場合にコンバージョン達成

例:特定のウェブサイトに15分以上滞在した場合

3.訪問した際のページビュー数/スクリーンビュー数:

サイトにアクセスしたユーザーに、一定数以上のページまたはスクリーンが表示された場合にコンバージョン達成

例:特定のウェブサイトで3ページが読み込まれた場合

4.イベント(サイト内での特定の行動):

イベントとして定義された操作が発生した場合にコンバージョン達成

例:動画再生や広告のクリックなどがなされた場合

 コンバージョンの設定において、一番測定対象になりやすいのは「1.目標URL」と言われています。なぜなら目標URL以外の指標はここで設定せずとも別指標として数値が分析できるからです。しかし、運用するサイトによっては1以外でも目標として設定することは十分あり得ます。そこで、今回は目標URLのコンバージョン設定を中心にしつつ、1~4の設定方法を順番に解説していきたいと思います。

 

「1.目標URL」を設定してみよう

1.何を目標とするか決める

 まずは具体的に何を目標として設定するのかを決めてしまいましょう。目標はウェブサイトの内容や業種によって様々ですが、

・会員登録

・商品の注文

・資料請求

・サービスへの申し込み

などが具体的に挙げられます。

2.目標となるページのURLを調べる

 実際に、自分のサイトの目標となるページまで行ってみましょう。そしてそのページのURLをメモ帳などにコピーしておきます。(下の画像は例としてAmazonの注文完了画面を載せています。)

3.Googleアナリティクスでの大まかな手順

・トップページから「管理」をクリック

・画面右側の「ビュー」にある「目標」をクリック

・「新しい目標」をクリック

・最初の「目標設定」は「カスタム」をチェックして「続行」をクリック

・次の「目標の説明」では目標の名前とタイプを決めましょう。今回は注文完了ページが目標となるので、名前は「注文完了」としました。また、「タイプ」は「到達ページ」にしましょう。入力が済んだら「続行」をクリックして先に進みます。

・「到達ページ」に目標とするページのURLを入力します。入力するURLのドメイン部分は不要なので、そのあとに続く”/”から始まるURL部分だけを入力しましょう。例えばZZZ.com/ordercomp.htmlが目標ページのURLならドメイン部分のZZZ.com以降の/ordercomp.htmlだけを入力すればOKです。最後に「保存」をクリックすれば目標設定は完了です。お疲れ様でした!

「2. 訪問の滞在時間」を設定してみよう

 サイト内の回遊率を上げたい場合などは、滞在時間の目標設定をしてみましょう。ちなみに「回遊率」とは「一人のユーザーがサイト内のページを何回閲覧したか」を示す度合いです。例えばECサイトなどではサイト内滞在時間が長いほどそれだけ回遊率が上がり、購入にも結び付きやすいと言われています。

 設定に関して、途中までは「1.目標URL」と同じ手順を踏みます。「目標の説明」のところで「名前」を入力し、「タイプ」を「訪問時間」に設定します。次の「目標の詳細」のところで具体的な訪問時間を入力し、「保存」をクリックすれば設定完了です。

「3.訪問した際のページビュー数/スクリーンビュー数」を設定してみよう

 「目標の説明」のところで「名前」を入力し、「タイプ」を「ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり)」に設定します。次の「目標の詳細」で具体的なビュー数を入力し、「保存」をクリックすれば設定完了です。

「4.イベント(サイト内での特定の行動)」を設定してみよう

 ファイルのダウンロード数や外部リンクのクリック数などを計測できます。イベントの目標設定をする際は、まずイベントトラッキングコードの取得を済ませておきましょう。

・「目標の説明」で「名前」の入力を行い、「タイプ」では「イベント」をクリックします。

・次の「目標の詳細」で、イベントで指定した「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を入力します。例えば、ファイルのダウンロードというイベントを目標設定に用いる場合にコードを

「カテゴリ」を「Download」

「アクション」を「PDF」や「zip」

「ラベル」にファイル名

と指定をした場合、目標のカテゴリを「Download」と設定することで、ダウンロードされた「PDF」や「zip」をまとめて目標とすることができます。また、アクションに「zip」だけを設定した場合、zipのダウンロードのみを目標とすることができます。

おわりに

 いかがだったでしょうか。今回見てきたように、コンバージョンの設定では特定ページへのアクセス数をはじめ、ページビュー数や滞在時間など、あなたのサイトに合わせて様々な目標を設定できます。目標をこまめに設定・確認し、改善を続けることで、CV数やCVRの増加を目指しましょう。ではまた!

 

【初心者向け】Googleアナリティクスがわかる本~おすすめ5選~

Googleアナリティクスは、Webサイトの改善には欠かせない無料のアクセス解析ツールです。しかし、Googleアナリティクスを使いこなすことは、初心者にとってはなかなか大変です。 今回は、初心者にも解りやすくまとめられた、おすすめの書籍を5冊まとめてみました。

●入門編・・・総合的な入門書が欲しい人向け

1.今すぐ使えるかんたん Google アナリティクス [ユニバーサル アナリティクス対応版]

              Googleアナリティクス初心者のために、アクセス解析とは何か、Googleアナリティクスで何ができるかなど、初心者に優しい内容となっています。

Googleアナリティクスの導入方法から始まり、データの調べ方はもちろん,解析データを読み解く方法もすべて解説してくれています。最初の一冊として、初心者の方にお勧めします。

    <目次> 1.Googleアナリティクスをはじめよう 2.レポート画面の<基本操作>を知ろう 3.訪問者の<行動や属性>を分析しよう ~ユーザーセクション~ 4.訪問者の<訪問経路>を分析しよう ~集客セクション~ 5.訪問者に<人気のコンテンツ>を分析しよう ~行動セクション~ 6.<目標を設定>して訪問者の動きを誘導しよう 7.<AdWordsやAdSense>と連携しよう 8.日々のアクセス解析作業を<効率化>しよう 9.アクセスアップのために<ホームページを改善>しよう

著者:株式会社プラグマティック・テクノロジー

2.Googleアナリティクス アクセス解析完全ガイド ユニバーサルアナリティクス対応版

              Googleアナリティクスの使い方を中心に、初心者にもわかりやすく書かれています。ブログユーザーからECサイトの担当者まで、あらゆるサイト管理者が実践できるサイト分析のテクニックを詳細に解説してくれている本です。         <目次> 1. Googleアナリティクスで成果のあがるサイトに改善しよう 2 .Googleアナリティクスをサイトに設置しよう 3. トラフィックを分析してアクセスアップをはかろう 4. キーワードを分析して成約率を高めよう 5. 参照元を分析して成約率を高めよう 6. SEOの改善/効果測定をやってみよう 7. Googleアナリティクスをさらに便利に活用しよう 著者:皆川顕弘(ラディカルサポート代表)  

●基礎編・・・ウェブ改善をめざしアクセス解析を積極的に行いたい人向け

1.Google Analyticsパーフェクトガイド 増補改訂版 Ver.5/ユニバーサルアナリティクス対応

              Google アナリティクスの豊富な機能、設定、管理まで幅広く網羅したパーフェクトガイドです。Googleアナリティクスをこれから利用したいと考えている方はもちろん、すでに利用している方にも、Googleアナリティクスを理解し、使いこなせるように書かれた解説書です。 <目次> 0.データのマーケティング活用とは ~Google アナリティクスのデータをマーケティングに活用する~ 1. Googleアナリティクスの理解と導入 2.データ活用のためのレポート画面の完全理解 3. 計測と運用のための基本設定とカスタマイズ 4.より使いこなしスキルアップするためのコンテンツ 著者:山浦直宏(トランスコスモス株式会社主席コンサルタント)

2.Google アナリティクス 実践Webサイト分析入門 ユニバーサルアナリティクス対応Web担当者が身につけておくべき新・100の法則

              「Googleアナリティクスで何を見ればいいのかわからない」という悩める企業のWeb担当者に向けて書かれた一冊です。 Googleアナリティクスの操作方法はもちろん、「何をどう見ればいいのか」という分析の考え方を一から学べることが最大の特徴です。 <目次> 1.アクセス解析の準備と心構えをする法則 2.Googleアナリティクスの基本設定を行う法則 3.サイトへの集客状況を分析する法則 4.訪問者のサイト内行動を分析する法則 5.仮説を立ててデータを深掘りする法則 6.マルチチャネルで施策の費用対効果を分析する法則 7.日々の業務をもっと効率的に行う法則 8.外部データと連携して改善につなげる法則 著者:いちしま泰樹(株式会社真摯 代表取締役)

3.できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

              初級者の方はもちろん、中級者~上級者の方でも参考にしていただける解説書です。Googleアナリティクスに関する、ありとあらゆることが書かれている、まさにGoogleアナリティクス事典です。 Googleアナリティクスの使い方でけでなく、サイト改善のアイデアやトラブルの解決法についても解説されています。 著者がコンサルタントとして提供してきたクライアントへのアドバイス、セミナーやフォーラムにて寄せられたユーザーの質問への回答が反映されています。 <目次> 1. 基礎知識 2.導入 3.設定 4. 用語の理解 5. レポートの分析 6.機能の活用 7.組織での共有 8.成果の改善 9.高度な分析 10. トラブル解決 著者:木田 和廣(株式会社プリンシプル副社長)  

●まとめ

今回取り上げさせて頂いた本は初心者はもちろんのこと、中級者や上級者の方にもおすすめできる本としてご紹介させて頂きました。 今回のおすすめ本をデスクに常に置いてください。そして、Googleアナリティクスでサイトのアクセス解析を行う際に役立てていただければ幸いです。    

【初心者向け】Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させる方法

Googleサーチコンソールは、Googleが提供している無料のツールです。SEO対策やWEBマーケティングのためにとても役立つ機能が備わっていて、Googleアナリティクスと連携することができます。 今回は、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携することで分かる事と、この2つのツールの連携方法についてご紹介いたしましょう。

●Googleサーチコンソールとは

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供しているツールの1つで、2015年5月20日まで「Webマスターツール」と呼ばれていました Googleサーチコンソールを利用すると、検索キーワードや、Googleの検索結果で自分のWebサイトがどのように表示されているかを知ることができます。さらに、Googleアナリティクスと連携することで、検索からのアクセスが減少した際など、その原因を素早くつきとめることができます。 では、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携することで、具体的にどんなことができるのでしょうか?

●Googleアナリティクスと連携してできること

1.GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールのデータを同時に分析

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの両方のデータを1つのレポート上にまとめて見ることができます。 gasc 上図のように検索クエリのデータを比べて分析することで、Webサイトの訪問前後のユーザー流入数の違いを詳しく把握することができます。 Googleアナリティクスでは、セッション数・直帰率・コンバージョン率などのデータが得られ、Googleサーチコンソールでは、表示回数・クリック数などのデータが得られます。
  • 表示回数・・・・Google検索の検索結果に表示された回数
  • クリック数・・・Google検索の検索結果に表示され、さらに検索ユーザーがクリックした数

2.今まで分からなかった検索キーワードの表示

ユーザーがどのようなキーワードで検索したのか分からない場合、通常Googleアナリティクスでは「not provided」と表示されますが、Googleサーチコンソールと連携することで、今まで分からなかった検索キーワードも表示されるようになります。
keyword

3.Webサイトの集客前後のユーザーの動き

Googleアナリティクスでは、ユーザーがWebサイトを訪問してからの動きを知ることができますが、Googleサーチコンソールでは、ユーザーが検索したキーワードなど、Webサイトを訪問する前の動きを知ることができます。 ページの表示回数が多くても、実際にユーザーがクリックし、Webサイトを訪問してくれなければ意味がありません。ユーザーが訪問する前のデータを知ることで、より多くのユーザーを流入させるための改善策を導き出しましょう。

1)クリック数が高いにもかかわらず、コンバージョン率が低い

Googleサーチコンソールにてクリック数、Googleアナリティクスにてコンバージョン率がわかりますので、クリック率が高いにもかかわらず、コンバージョン率が低いページはすぐにわかります。ランディングページの改善が必要かもしれません。

2)クリック数が低いにもかかわらず、コンバージョン率が高い

クリック数が低いにもかかわらず、コンバージョン率の高いページがすぐにわかります。クリック率を高くするため、Webページを見直したり、修正したりすることで、より多くの収益を得られるようにしましょう。

●GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携方法

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携方法する前に、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールに解析をしたWebサイトを登録する必要があります。 二つの連携はGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール登録時のGoogleアカウントが同じにしておけば、すぐに連携ができます。

1.Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスのトップページより「アカウント作成」をクリックする。ログイン画面で、Googleのアカウントとパスワードを入力し「申し込み」をクリックすると簡単に登録できます。
ga

 2.サーチコンソールの登録

Webサイトのドメインを入力し、「プロパティの追加」をクリックする。 search 次に、「別の方法」、「Google アナリティクス」の順に選択し、最後に「確認」をクリックすると簡単に登録できます。 search2

3.Googleアナリティクスとサーチコンソールの連携

Googleアナリティクスにログインを行いサーチコンソールと連動させます。下記に手順を示しましましょう。

1)「Search Consoleのデータの共有の設定」ボタンのクリック

レポート>集客>Search Console >検索クエリの順にクリックすると下記の画面が表示されますので「Search Consoleのデータの共有の設定」のボタンをクリックしましょう。 link1

2)プロパティ設定で「Search Consoleを調整」ボタンのクリック

「プロパティ設定」という画面が表示されますので、ページ下部までスクロールし「Search Console を調整」ボタンをクリックしましょう。 link2   link3

3)Search Consoleの設定

「Search Consoleの設定」という画面が表示されますので、「編集」をクリックしましょう。 link4

4)連携したいサイトを選択して、「保存」をクリックしましょう。

Search Consoleのページが表示されますので、「Search Consoleのサイト」からアナリティクスと連携したいサイトを選択し、「保存」をクリックしましょう。 link5 <注意> ※この画面が表示された際に「このGoogleアナリティクス プロパティを編集する権限がありません。」と表示された場合は、異なるGoogleアカウントでログインしている可能性がありますので、ログイン状況を確認してください。 ※「Search Consoleのサイト」に連携したいサイトが表示されない場合は、「Search Consoleにサイトを追加」から追加をしてください。

5)ポップアップが表示されたら「OK」をクリック

「関連付けの追加」という見出しがポップアップしますので、「OK」をクリックしましょう。Search Consoleのホーム画面に遷移したら連携完了です。 link6 「検索クエリ」の画面が表示されるようになります。Search Consoleを設置した3日後からレポートが見えるようになります。 link9

●まとめ

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの連携は、手順をおさえれば誰でも簡単におこなうことができます。GoogleアナリティクスもGoogleサーチコンソールもWebサイトの分析には欠かせないツールです。ぜひこの2つを連携してサイト改善に役立ててください。

【Googleアナリティクス】「セカンダリディメンション」で簡単アクセス解析!

今回紹介するテーマは、Googleアナリティクス「セカンダリディメンション」機能についてです。 何やら長いカタカナ文字が出てきて、一見難しい機能に思う方もいるかもしれません。 しかし、安心してください。むしろこの機能、複数のデータを簡単に確認できる、とても使いやすい機能なのです。 以下ではこの「セカンダリディメンション」機能についてわかりやすく説明していきます!

1.セカンダリディメンションとは?

まず「セカンダリディメンション」とはなんでしょうか。 そもそも「ディメンション」とは、データの分析軸のことです。例えば「行動」の「ランディングページ」や、「集客」の「参照元」など、すでにみなさんに馴染みがある項目も一つの「ディメンション=分析軸」ということになります。 すると、「セカンダリディメンション」とはその名の通り、二番目の分析軸ということになります。 例えば「ランディングページ」×「キーワード」など、分析軸を2つ組み合わせることで、より詳細なデータを知ることできます。 つまり、「セカンダリディメンション」とは、データを二つの分析軸で表示させることでより詳しい分析を可能にする機能ということができます。

2.セカンダリディメンションを使ってみよう

では、実際にセカンダリディメンションを使ってみましょう。 例として「ランディングページ」と「デフォルトチャネルグループ」という二つの分析軸からデータを表示させてみます。 まずは「行動」>「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」をクリックします。 %e3%80%8c%e3%82%bb%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8d その後、画面の「セカンダリディメンション」をクリックし、自分が使いたい項目を選択します。ここでは「集客」>「デフォルトチャネルグループ」を選択します。なお見つかりにくい場合は直接キーワードを打ち込んで検索してもよいかもしれません。 %e3%80%8c%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%8d するとこのような画面になります。 %e3%80%8c%e5%ae%9f%e4%be%8b%e3%80%8d これを見ると同じ「/」というページをランディングページとしていても、「Social」からの流入が多いことがわかります。 ここから例えば、「最近始めたFacebook広告がうまくいった」など対策の効果をを確かめることができます。 あるいは逆に「SNSから流入してくるユーザーにより親和的な内容にしよう」など対策を考えることもできます。 このように、「セカンダリディメンション」を設定することで、元のレポート画面ではわからなかったことも見えてきます。手順も非常に簡単ですので、手軽にデータの確認ができるのがこのセカンダリディメンションの魅力です。

手軽だからこそ続けられる!

いかがだったでしょうか。 セカンダリディメンションを使いこなすことで、自分が疑問に思うことを、手軽に調べることができます。この手軽さを生かして継続的に分析を行っていくことで、さらにレベルアップしていきましょう!

Googleアナリティクスでアプリの計測を行う方法!

Googleアナリティクスでは、スマートフォンのアプリの計測も行えることをご存知ですか?

スマートフォンの普及に伴い、多様なアプリが生まれています。

スマートフォンアプリを開発・運用する方々にとって、数多くのライバルとの差をつけるためには、アプリの計測と分析が必須です。

Webサイトのアクセス解析に大きな力を発揮する無料アクセス解析ツール、Googleアナリティクスであれば、アプリの計測・分析すらも実行可能です。

この記事では、Googleアナリティクスを用いたアプリの計測の導入とチェックポイントについて、お伝えします。

スマートフォンアプリの種類について

そもそも、スマートフォンアプリには大きく分けて3つのタイプがあることをご存知ですか?

開発者の方であればご承知のこととは思いますが、アプリのタイプによってGoogleアナリティクスの導入手順が異なるため、ここで一度スマートフォンアプリの3タイプの分類を行います。

ウェブアプリ

Webviewという機能によって、HTMLを読み込むアプリです。

基本的にWebブラウザ上で機能するため、アプリストアからスマートフォンへのアプリのインストール自体は必須ではありません。

Android用、iOS用といった区別が必要ないため、開発が容易で比較的コストがかからないことが最大の特徴です。

例)Google Maps、Gmail、Google Driveなど

ネイティブアプリ

独自の実装でコンテンツを表示するアプリです。

Objective-cやjavaなどで開発されるため、ウェブアプリと比べ開発コストはかかるものの、動作が速く、端末と連携したり、オフラインでの動作が可能です。

例)Androidアプリ、iOSアプリなど

ハイブリッドアプリ

その名の通り、ウェブアプリとネイティブアプリの特徴を兼ね備えたアプリケーションです。ネイティブアプリのようにアプリストアからインストールし、デバイスとの連携を行いつつ、ウェブアプリのようにブラウザを表示する部分がある、という特徴を持っています。

例としては、クックパッドが挙げられます。アプリの中で、ヘッダー部以外はウェブを表示するようになっています。

以上の3タイプについて、ご理解いただけたでしょうか?

この記事ではこの中でもポピュラーな2種類、ウェブアプリとネイティブアプリへのGoogleアナリティクスの導入方法について、まずは取り上げていきます。  

ウェブアプリの計測方法

これまで書いてきたように、ウェブアプリでは、スマートフォンアプリに埋め込んであるブラウザがHTMLファイルを読み込んでコンテンツを表示します。

アプリのWebviewで読み込むのは一般的なウェブサイトと同じHTMLファイルですので、GoogleアナリティクスのトラッキングコードをHTMLページ内に埋め込むことで計測可能です。

この方法についてご存じでない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

ネイティブアプリの計測方法

では次に、ネイティブアプリをGoogleアナリティクスで計測する方法について、紹介していきます。

アプリ専用プロパティの作成

まず初めにGoogleアナリティクスのアカウントを取得し、Googleアナリティクスのトップ画面から[管理] タブをクリックします。

そして、[アカウント] 列のプルダウンメニューから、[新しいプロパティを作成] を選択します。

app01

プロパティの作成画面では[ウェブサイト] か [モバイルアプリ] のいずれかを選択できるので、ここでは[モバイルアプリ]を選択します。

アカウントで複数のアプリをトラッキングする場合は、下の[アプリ名]にバージョン番号を含めるなど、管理しやすいように設定しておきましょう。

app02

 

アプリ計測に用いるSDKの入手

上の手順で[モバイルアプリ]を選択すると、SDKの入手方法が表示されるので、計測対象のアプリに合わせたSDK(Androidやiosなど)をダウンロードします。

このSDKとは、アプリにおいてもGoogleアナリティクスのトラッキングが行えるよう設定されたツールセットのことで、モバイ ル ライブラリ向けの Google アナリティクスと Google タグマネージャの最新版が含まれています。

app03

 

計測対象アプリへのSDKの導入

ダウンロードしたSDKを計測したいアプリへ組み込みましょう。

メジャーな2種類のSDKの設定方法のリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

Android用SDK iOS用SDK SDKの設定が完了すれば、ネイティブアプリにおけるGoogleアナリティクスの計測のための準備は完了です。

チェックすべきレポート

Googleアナリティクスを導入すると、計測結果についてのレポートが作成されます。

その中で、実際の運用に際しチェックすべきレポートをまとめておきます。

ユーザーレポート

ユーザーの基本情報である、アプリユーザーの地域や言語、年齢・性別・興味関心、使用頻度と使用時間、最もよく使用されているOSやデバイスを表示しています。

特に、ユーザーが利用しているアプリのバージョンのレポートは要チェックです。ユーザーの閲覧ページ数や滞在時間が長いバージョンとそれ以外で何が違うのか確認し、アプリの改善を図りましょう。

集客レポート

ユーザーがアプリを最初に起動するまでの行動に関連したレポートを見ることができます。

特に、アプリをインストールした新規ユーザー数の推移は確認しておきましょう。

アプリは一度ユーザーにダウンロードし起動してもらえれば、その後のリピート率や利用率がブラウザより高くなる傾向があるため、ウェブサイト以上に新規ユーザーの獲得(=アプリのダウンロード・起動)が大切になるためです。

この他にも、ユーザー獲得におけるマーケティングキャンペーンの効果Google Playに到達するまでの流入状況や流入別の成果の視覚的な表示AdWords広告経由でのインストールと、その後の操作状況の確認などが可能です。

行動レポ―ト

以下のような、ユーザーがアプリを使用している時の行動を見ることができます。

ユーザーの行動をチェックし、導線に問題がないか、確認しておきましょう。

・ 各スクリーンのビュー状況やセッションあたりの合計スクリーン表示回数

・ スクリーンが表示された順序、フロー

・ アプリのクラッシュなどの技術的エラーの件数

・ 各アプリ要素が読み込みに要した時間

・ イベントとして登録したユーザーの各種アクション

コンバージョンレポート

アプリに設定した目標(コンバージョン)をユーザーがどのように達成しているのか数値やeコマース設定した収益の詳細情報から確認することができます。

まとめ

Googleアナリティクスでウェブページのアクセス解析ができることは多くのウェブ管理者の方に認知されていますが、スマートフォンアプリの分析まで可能ということは意外と知られていないように思います。

スマートフォンの浸透に伴い、アプリの存在はウェブ管理者にとって無視できなくなっています。

この記事で書いたように、Googleアナリティクスをアプリ計測に導入し分析を行うことで、アプリを改善しコンバージョンの達成につなげていきましょう。

【Googleアナリティクス】知らないと損する!?セグメント活用術!

本記事のテーマは、ずばりGoogleアナリティクスの「セグメント」です。 みなさんの中には「セグメントって何ぞや?」という方もいるかもしれません。 実はこの「セグメント」、Googleアナリティクスでの分析のレベルをアップするためには必須科目といっても過言ではない、重要かつ有力な機能なのです。 以下では、このセグメントについて、その機能と活用術を初心者でもわかりやすくお教えしちゃいます。  

1.セグメントとは?

セグメントとは、segment(=区切り)という名前の通り、Googleアナリティクスのデータを一定のセッション毎やユーザー毎に区切る機能のことです。 このセグメントを使うと、例えばコンバージョンしたセッション、モバイルを利用したセッションなど、レポート画面にそのデータを表示することができます。 また、自分で条件を登録したセグメントを作成することで、自分が知りたいGoogleアナリティクスのデータを絞り込んで表示させることができます。 つまりセグメントとは、データを絞りこんで、より詳しい分析を可能とするための機能と言ってもいいかもしれません。

2.セグメントの使い方ー操作方法と新規作成

(1)操作方法

それではまずセグメントをレポートに適用させる操作方法から見ていきましょう。 といっても操作方法は非常に簡単で「+セグメント」をクリックし適用したいセグメントにチェックマークを入れ、「適用」を押すだけです。 %e3%82%bb%e3%82%b0%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88 %e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%bb%e9%81%a9%e7%94%a8   すると、そのセグメントのデータがレポート画面に表示されます。 なお、同時に3つまでのセグメントを適用することができます。 セグメントの適用を解除したい時は下図の部分を適当な場所へドラッグアンドドロップすれば簡単に解除することができます。

%e8%a7%a3%e9%99%a4

(2)新規作成

次にセグメントの新規作成についてです。既存のセグメントでも有用なものがありますが、やはりセグメントの強みは自分に合ったセグメントを作成することができるところにありますから、ぜひともマスターしたいところです。 以下では、例として、「スマホを使って、サイトにトップページから入ったセッション」を調べるためのセグメントを作ってみます。 まずは「+セグメント」をクリックし「+新しいセグメント」をクリックします。 %e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%bb%e3%82%b0%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88 すると様々な条件が設定できる項目が出てきますが、まず条件にスマホを入れたいので、「テクノロジー」をクリックします。 「デバイスカテゴリ」の空欄をクリックするとプルダウンが表示されるので、今回はスマホですので「mobile」を選択します。 mobile 次に「サイトにトップページから入った」つまりランディングページがトップである条件を記入していきます。 「条件」をクリックし、下の図のように「ランディングページ」「完全に一致」「/」とします。なおトップページのURLはご自身のサイトのものを入れてください。 記入が終わったら、わかりやすい「セグメント名」をつけて「保存」をクリックします。 %e6%9d%a1%e4%bb%b6 これでセグメントの作成は完了です。あとは(1)の通りに適用してみましょう。  

3.セグメントで何ができるの?

  さて、セグメントの意味・操作方法・作成方法がわかればあとは分析するだけです。 ところが分析と言っても、このセグメント機能をどのように活用すれば良いのでしょうか。   まずセグメントを作って適用することで、簡単にデータの比較ができます。 例えば、パソコンからのセッションとスマホからのセッションを比較したい時、それぞれのセグメントを作成し、レポートに適用してみましょう。すると数値としての比較もできるだけでなく、グラフによって「見える化」されることで、より直感的に両者を比較することができます。 さらにそこから、例えばスマホからのセッションが多ければ、スマホ版ページを強化しよう等、なすべき対策が見えてきます。   他にも、サイト改善の効果の検証に役立ちます。 例えば、新しく特集ページを作ったあと、コンバージョンが増えていたとします。すると、直感的には「特集ページのおかげかな?」と思ってしまいますよね。 そんな時このセグメント機能を活用して、特集ページを見てコンバージョンしたセッションを確かめてみましょう。このデータによって対策が有効かだったかどうか、検証することができます。   このように、セグメント機能は「データから対策を考える」ことにも「対策の効果をデータで確かめる」ことにも役立ちます。そしてこれはアクセス解析の基本といっても良いかもしれません。 まだまだ他にも活用方法をたくさんありますが、まずはこの基本をしっかりと身につけていきましょう。  

使いこなしてアクセス解析マスターに!

いかがだったでしょうか。 セグメント機能は慣れるまでは難しく思われるかもしれません。まずは簡単なセグメントから作って使っていくうちに使いこなせるようになってきます。セグメントを使いこなして、アクセス解析マスターを目指しましょう。  

Googleアナリティクスプレミアムの無料版との違いとは?【有料版】

Googleアナリティクスに有料版があることをご存知でしょうか? 有料版Googleアナリティクスは「Googleアナリティクスプレミアム」と呼ばれ、無料版よりもさらに充実した機能が利用できるようになっています。 ただ、無料版でも不自由なくアクセス解析ができるために、プレミアムと無料版との違いが気になる方も多いはず。特に、料金形態は気になるところですよね。 今回は、そんなGoogleアナリティクスプレミアムについて、解説していきます。

プレミアムで利用できる機能の特徴

premiam Googleアナリティクスプレミアムの無料版との違いは、Googleアナリティクス公式サイトの「プレミアム」ページにまとめて掲載されています。 その中でも重要な点をピックアップしましたので、紹介していきます。

データ処理量の大きさ

プレミアム最大の特徴は、データ処理量の上限の変化です。 実は、無料版Googleアナリティクスには一月当たり1000万ヒットまでという制限があります。 この「ヒット」とは、インターネット上のあるひとつのページににアクセスしたとき、アクセスされたページの画像等、すべてのファイルの閲覧数を集計した数のことです。例えば、1つのページ(htmlファイル)に9個の画像ファイルが貼り付けられており、1個のcssファイルを参照されていれば、このhtmlファイルにアクセスしたときのヒット数は、合計11ヒットとなります。 このヒット数の上限が、プレミアムの場合にはなんと10億ヒットまで同料金で拡大されます。 つまり、非常に大きなサイト運営に際してアクセス解析を利用したいときには、Googleアナリティクスプレミアムがおすすめ、というわけです。

データ更新頻度の多さ

無料版Googleアナリティクスでは、24時間(以上)ごとに解析データが更新されます。 これがプレミアムになると、4時間ごとの更新に変化します。 よりタイムリーなデータが手に入るため、臨機応変なページ改善が可能になる、というわけです。

サポート体制の充実

ここまで書いてきたように、Googleアナリティクスプレミアムの利用の際には、それだけ大きなサイトを運営していることが想定され、その分アクセス解析をしなければならないページ数やそもそもの導入の際の設定が莫大になってしまうことが考えられます。 しかし、Googleアナリティクスプレミアムではそれを見越して、実に様々で充実したサポートが受けられるようになっています。 Googleアナリティクス導入の設定サポートから緊急時の時間外対応電話やメールによるお客様窓口の設定などに加え、Googleアナリティクスを使いこなすためのトレーニング、さらには認定パートナーによるサポートまで受けられるのです。 (※認定パートナーとは、Googleの厳しい基準に合格して認定コンサルタントとして承認された、Googleアナリティクスの専門サービスを提供する組織のこと。このリンクから確認できます) これだけ充実したサポート体制があれば、大きなサイトのアクセス解析であっても不安なく実行できそうですよね。 また、プレミアム版では無料版にはない、アクセス解析についてのデータ破損の際の保証もついているため、万一の時でも安心して利用出来ます。   この他にも、Googleアナリティクスプレミアムでは、無料版にはない、以下のような機能が利用可能となっています。
  • 非サンプリングデータの利用
  • レポートに表示できる行数の拡大(無料版では5万行に対し、プレミアムの非サンプリングレポートでは300万行)
  • カスタム変数の拡大 (スタンダード版/5個、プレミアム版/50個)
ここに書いたことはかなり上級者向けになっており、より充実したアクセス解析を行いたいユーザーにも十分応えられる機能となっています。

プレミアムの利用方法(料金など)

このように充実した機能をもつGoogleアナリティクスですが、利用するためにはいくつか条件があります。 まずは皆さんが気になるであろう料金ですが、月額130万円となっています。 また、利用に際しては、Googleと直接契約するか、認定リセラーとの契約が必要となります。 これらの条件をクリアした後の利用に際しては、既にスタンダード版を利用している場合は新しいアカウントの作成などは必要ありません。 プレミアム版の利用契約が締結された後は、既存のアカウント内で、プレミアム版全ての機能を利用することができるようになります。  

まとめ

Googleアナリティクスプレミアムには料金の分、無料版よりもさらに充実した機能があることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。 実は、これ以上に充実したツールとして、Googleアナリティクス360スイートと呼ばれる商品もあります。 これは2016年3月にリリースされたツールで、アクセス解析だけではなく、マーケティングまでを包括的に扱うことができるサービスです。 この中ではGoogleアナリティクスプレミアムはGoogleアナリティクス360と呼ばれ、他の5つのサービスと包括して利用することができます。 アクセス解析をさらに生かしたい大規模サイトの運営者にとっては、心強いツールですね! もちろん、無料版であっても使い切れないほどの充実したサービスを利用できるのがGoogleアナリティクスの長所。 運営するサイトの規模やコンバージョンに合わせ、適切なサービスを利用していきたいところですね!