本記事では、Googleアナリティクスを利用していく際に必須の設定のひとつである、トラッキングコード(タグ)の設置方法について解説していきます。

「トラッキングコードって何?聞いたことすらない…」

というような方でも、この記事さえ読めば必要十分な知識が得られると思います。  

トラッキングコードって何?

そもそもGoogleアナリティクスがデータを集めるメカニズムは、ユーザーがページにアクセスするとそのページ内に組み込まれたGoogleアナリティクスのプログラムが作動し、データがGoogleのサーバーに送られてGoogleアナリティクスにデータが蓄積されていく、というものです。

そのGoogleアナリティクスのプログラムを動かすために必要なのが、トラッキングコードと呼ばれる、JavaScriptというプログラム言語で書かれたコードなのです。

トラッキングコードは、タグと呼ばれることもあり、プロパティごとに生成されます。 これは、Googleアナリティクスでアクセス解析を行いたい全てのページに埋め込む必要があります なお、GAの公式ヘルプなどでは、「ウェブ トラッキングコード」と表記されているので注意が必要です。  

既にトラッキングコードが埋め込まれているページでは、ページのソースを表示すると上の図のようにトラッキングコードが記載されています。  

STEP1:トラッキングコードのコピー

さて、それでは実際の作業方法についての解説に移ります。 まずは、埋め込むトラッキングコードをコピーします。トラッキングコードが記載されている場所は以下の通りです。  

Googleアナリティクスを開いたら、上の図のように「アナリティクス設定」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」を選択します。  

すると、上の図のような画面が出てきます。「ウェブサイトのトラッキング」という欄に記載されている10行程度のコードがトラッキングコードなので、メモ帳などにコピペしておきましょう。

なお、その上に「トラッキングID」というものがあります。このIDはプロパティごとに異なっているのですが、実は、トラッキングコードの文字列はどのプロパティでも基本的には同じで、このトラッキングIDが記載されている部分だけが異なっているに過ぎません。

よって、トラッキングIDさえわかればトラッキングコードが構成できるのです。(もちろん、基本的にはトラッキングコードをコピペすれば済む話ではあるのですが)  

STEP2:トラッキングコードを貼り付ける

トラッキングコードをコピーしたら、先述したようにそれを計測対象としたい全てのページに貼り付けます。 入れる場所は、上図のようにHTMLの</head>の直前が望ましいとされています。(公式ヘルプ参照)

たまに<body>と</body>の間に設置されているケースもあり、他の場所でも作動することはするのですが、これから設置する場合はGoogleの推奨通りに</head>の前に設置するのが無難でしょう。

また、トラッキングコードの貼り付けは、ここまで述べてきたように全てのページに一つ一つトラッキングコードを埋め込んでいってもいいのですが、Googleアナリティクスのトラッキングコード以外のタグも一括管理できる「Googleタグマネージャ」を用いる方法もあります。

さらに、WordPressなどのサービスを利用して作成したサイトであれば、そのサービスのプラグインなどでタグを埋め込み・管理できる場合もあります。

状況に応じてベストな選択肢をとっていきましょう。 このようにトラッキングコードを計測対象としたい全ページのHTMLに貼り付けたら、作業は完了です。基本はコード設置の24時間後にデータが表示されますので、24時間経ってもデータが出てこない場合は、作業にミスがないか確認しましょう。  

タグを設置したら、いよいよ分析!

タグは設置できましたでしょうか?これはまだ下準備に過ぎず、これからGoogleアナリティクスを使って実際にサイトを改善し、CVを伸ばしていかなければいけませんね!

CVを増やすためには、「分析に基づく改善」を繰り返す必要があります。Googleアナリティクスは分析のためのデータを収集するためのツールです。

実際にそのデータを「分析」して、さらに「改善」していくのはあなた自身です。

…って言われても、分析なんてやったことないし、大量の数字を出されてもどうしたらいいか分からなくないですか?私もそうです。だから、私は自分でやりません。 分析の部分は人工知能に任せています。

aianayst

アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」という、Googleアナリティクスと連携すると人工知能がデータ分析をしてくれるツールがあるんです。初心者の方はGoogleアナリティクスを導入したらこのツールも導入してしまうことをオススメします。