このサイトの別の記事(【初心者でもOK】トラッキングコード(タグ)の設置方法!)で、Googleアナリティクスを利用していく際に必須の設定のひとつである、トラッキングコード(タグ)の設置方法について解説しました。 本記事では、無料で簡単にサイト・ブログを作成できるツールであるWordPressを利用して作成したサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込む方法について解説していきます。

なぜWordPressに特化して説明するかというと、昨今はWordPressで構築されたWebサイトが多いので、多くのサイト運営者の役に立つことが想定できるからです。

そして、WordPressで構築したサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込む方法は非常にシンプルで簡単です。本記事を読めば、ものの5分程度で埋め込みができるようになるでしょう。

 

All in One SEO Packの導入

まずは「All in One SEO Pack」というプラグインを導入しましょう。このプラグインは、Googleアナリティクスとの連携のみならず、SEO対策全般をソースコードの編集なしに行うことができるので、WordPressでサイトを構築する場合はまず導入することを強くおすすめします。

導入が完了すると、上図のように左側のメニューに「All in One SEO」という項目が表示されるようになります。

 

トラッキングIDのコピー

All in One SEOを利用してトラッキングコードの埋め込みを行う際、トラッキングコード自体は必要ありません。

トラッキングIDのみコピーすればOKです。トラッキングIDが記載されている場所は以下の通りです。

Googleアナリティクスを開いて、上の図のように「アナリティクス設定」→「プロパティ」→「トラッキング情報」→「トラッキングコード」を選択します。

すると上の図のような画面が表示されます。トラッキングIDとトラッキングコードが記載されていますが、今回はページ上部のトラッキングIDのみで大丈夫です。トラッキングIDはメモ帳などにコピペしておきましょう。

 

トラッキングIDの貼り付け

トラッキングIDをコピーしたら、All in One SEO Packに貼り付けます。

WordPressの編集ページを開き、All in One SEOのGeneral Settingsを開きましょう。

そこの「Google Settings」というブロックに、上図のように「GoogleアナリティクスID」という欄があるので、そこに先ほどメモしたトラッキングID(UA-●●●●●●-●)を貼り付けましょう。

その後、下に出てくる「Use Universal Analytics」にチェックを入れてください。これで最新のGoogleアナリティクスを入れることができます。 貼り付けが完了したら、一番下までスクロールして「設定を更新」ボタンを押しましょう。

 

以上が、WordPressで構築されたサイトへのGoogleアナリティクスのトラッキングコードの設置方法です。とても簡単だということがわかっていただけたかと思います。 この記事の内容を参考に、みなさんもWordPressでトラッキングコードを設置してみましょう!