Webサイトを運営されているみなさま、こんにちは。しがないWebコンサルタントのポリゴンです。

この記事では、Googleアナリティクスの同じアカウントで複数のサイトを分析する方法をご説明します。

Webサイトを運営されていて、

「1つのサイトだけではなく複数のサイトをGoogleアナリティクスで分析したい…」

という方必見です。

1つのGoogleアカウントで最大5000サイト分析可能

Googleアナリティクスで複数サイトを分析したいという場合、そのためにわざわざ新しいGoogleアカウントを作成する必要はありません。

結論から言うと、なんと1つのGoogleアカウントで5000サイトまで分析することができるのです。もちろんすべて無料で、分析対象のサイトを増やしても使える機能に変わりはありません。Google恐るべし… 細かい話をすると、Googleアカウント1つにつき最大100個のGoogleアナリティクスのアカウントを作ることができ、さらにGoogleアナリティクスのアカウント1つにつき最大50個のプロパティを作れるので、最大でGoogleアカウント1つにつき計100×50=5000個のサイトを分析することができるのです。(「プロパティって何ぞや」って感じかもしれませんが、まぁプロパティ1つで1サイト分析できるくらいの認識でOKです。)

まぁ正直、ここまで多くの数のサイトを分析したいという方は稀だと思いますので、「へぇ~、5000サイトも分析できるんだぁ」くらいの感じでOKです。

実際にサイトを追加してみよう!

それでは、実際にGoogleアナリティクスで複数のサイトを分析する方法をご説明していきます。

基本的には、現在使用しているGoogleアナリティクスのアカウントにプロパティを追加する、という方法で問題ないと思いますので、今回はそれをご説明します。先ほども言いましたが、プロパティについては、「プロパティ一つにつき1サイト分析できる」くらいの認識でOKです。

「管理」>「プロパティ」>「新しいプロパティを作成」をクリック

 

14-1

まずは、「管理」>「プロパティ」>「新しいプロパティを作成」をクリックします。

必要情報を入力し、トラッキングIDを取得

 

14-2

すると、上の画像のように追加するWebサイトの情報入力画面となりますので、必要情報を入力してください。

ウェブサイトの名前・ウェブサイトのURL・業種・レポートのタイムゾーンを入力し終えたら、「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックします。

取得したトラッキングコードを分析するサイトに貼りつける

 

14-3

続いて、上の画像のような画面が表示されますので、トラッキングコードをコピーして分析するサイトのソースに埋め込みましょう。

なお、トラッキングコードの設置方法については、こちらの記事(トラッキングコード(タグ)の設置方法【初心者でもOK!】)で詳しく解説されていますので、そちらも併せて参照してください。

以上でプロパティの追加作業は完了です。お疲れ様でした!

 新しく追加したプロパティを確認してみる

 

14-4

最後に、新たにプロパティが追加されていることを確認してみましょう。「ホーム」画面を開きましょう。

すると、上のように、「ポリゴン」というGoogleアナリティクスのアカウントの配下に先ほど設定したサイトが追加されていることが確認できますね。

複数サイトを同一アカウントで効率的に分析!

この記事では、Googleアナリティクスの同一アカウントで複数のサイトを分析する方法をご説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

ビジネスにおけるWebサイト活用がアタリマエのこととなっている昨今では、複数のWebサイトを運営するケースも珍しくないはずです。

そんなときは、複数のサイトを一つのGoogleアナリティクスのアカウントに紐づけることで、効率的にアクセス解析を行っていきましょう!

しかしそうはいっても、複数のサイトを分析するのは時間と手間がかかる作業ですよね。

より効率的なアクセス解析におすすめなのがアクセス解析ツール「AIアナリスト」(登録無料)です。

aianayst

これは、人工知能がアクセス解析からサイト改善案の提案を自動で行ってくれるサービスです。

アクセス解析の工数を大幅に減らし、効率的なサイト改善につなげることができますので、利用してみても良いかもしれません。