SEOに便利な無料ツールをシチュエーション別に紹介したいと思います。

 

・キーワード選定

SEOの最初の要、キーワード決め。ここでおすすめするのは Googleキーワードプランナー です。キーワード選定の定番といえます。

入力したキーワードの検索ボリューム、競合性、推奨入札単価などが表示されます。
推奨入札単価は、検索結果のトップに黄色い文字で表示される広告(リスティング広告)を出したとき、1クリックあたりにかかるお金のことです。SEOには関係ない部分なので無視して問題ありません。
検索ボリュームと競合性を見ることが大事です。また、関連して検索されているキーワードも見ることができます。

定番中の定番で、無料で気軽に使うことができるのでおすすめです!
Googleアカウントでログインして、さっそく見てみましょう。

 

  • 順位測定                                                                 

検索順位を確かめることも、SEOでは重要です。自分のサイトがどのへんにあるかをチェックし、どれくらい変動しているかをみて、そのキーワードをこれからも対策していくのか、どう対策するのか、あるいは別のキーワードを対策するのかなどを考えなければいけません。

検索順位チェックにおすすめのツールは GRC です。有料版と無料版があります。無料版では3つのURLと20個のキーワードを登録して使うことができます。

SEOツールラボが提供しているツールです。順位の変動のグラフが表示されるのでとても見やすいです。また、グラフとあわせて順位を表でみることもできます。
自動でデータを集計してくれるので、手間がかかりませんし、順位チェックツールの中でも大人気です。

 

  • 被リンクチェック

まず、被リンクチェックの重要性について説明します。

被リンク(バックリンク)はあればあるほどいいというわけではありません。リンク元の内容と全く関連性がないとき、Googleからペナルティを受ける場合もあります。そのため、悪質な被リンクがないか必ず確認しなければなりません。
もしもスパムのような被リンクが見つかったら、Googleに知らせてリンクを解除することができます。また、逆に、リンク元のサイトが良質であれば、SEOとして成功です。

というわけで、ツールを利用して被リンクを確認しましょう!
もっともおすすめの無料ツールは Googleサーチコンソール です。

 

これは被リンクチェック以外にもいろいろな使われ方をしているツールなのですが、これを使うと簡単に被リンクを調べることができます。
リンク数の最も多いリンク元(自分のサイトをリンクしているサイトの一覧)と、最もリンク数の多いコンテンツ(自分のサイトの中で被リンクの数が多いコンテンツの一覧)が表示されます。
データをエクセル形式でダウンロードすることもできて便利です。

  • ウェブ解析

SEOの中で、検索順位の変動に伴って、自分のサイトに自然検索で流入してくるセッションがどれくらいあるのか、また、そのコンバージョンなども知りたいですよね。
そのときにおすすめのツールが ウェブ解析の「AIアナリスト」です。人工知能が自動でデータを解析してくれて、人工知能の提案とプロのアドバイスを見ることができます。
無料プランがあるのでそれを使ってみましょう。

 

SEOで使いたいおすすめの無料ツールを4つ紹介しました。「SEOをこれから始めたいけれど、どのツールを使えばいいのか分からない!」という方はぜひこれらを使ってみて下さい。